2017年04月06日

竹田茉耶さん観光学博士に!

黒江TAPANの発足当時からのサポーターの竹田茉耶さんに学位を授与され、
見事に観光学博士になりました。

先日新聞記事に掲載されました。
ご本人のど了解を得ましたので、
掲載をさせていただきます。

いつも黒江に力強い応援をして下さっております。
お顔を観るたびにわたしを始めジジイは癒されております。

本当におめでとうございました。
これからも宜しくお願いいたします。




                  文責:syun
  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 15:19Comments(0)サポーターできごと

2017年01月23日

2017年度の行事予定


昨年の11月16日に4ヶ月ぶりに運営協議会を行いました。
検討をしないとアカンことがいっぱいありましたが延び延びになったことは頂けません。
反省をしております。

予定ですが凡その流れは下記の通りです。

①5月14日(日)に(仮称)黒江めだかまつりが黒江ぬりもの館さんで行われます。
 これは決定事項です。
 これに黒江JAPANとして協力開催をしていく。
 今実行委員会で詳細を煮詰めております。

②黒江JAPAN結成5周年を記念して、
 歌手・宮本静さんのliveを行う予定となっております。
 宮本静さんの方からも詳細が発表されると思います。
 詳しくはその時に行います。

③おもてなしベンチと提灯の修理。
10月くらいに実施予定。

④停滞をしておりました空き家対策が動き出します。
  応援をしていただける方が現れました。
 了解をいただきここで紹介を出来る日が来れば掲載いたします。



  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 14:05Comments(0)イベントサポーター

2016年08月02日

「こんなイベントどうでしょうか?」

町を盛り上げるイベントを考えてみました。
サポーターの鬼瓦さん、Mさんの意見も掲載させていただきました。
結構面白いものがあると思います(自画自賛)ので、
どなたか開催していただけませんでしょうかね。
『お前の景観でやれ』と云う意見が聞こえてきそうですが、
それも考えております。
また、共同開催なんかどうでしょうか?

1、『黒江不思議検定』~検定ブームが去って10年くらい経ちますが、
 和歌山県内でもまだ開催されているところがあります。
黒江の長老が元気なうちに黒江に纏わるお話を聞いて、
 まとめて小冊子にする。それを応用して「黒江町並み検定」に応用する。
熊野検定、粉河検定は現在も行われている。
海南は、『ふるさと海南検定』~海南も検定を行ったが2005,6年の2回で終了。
  広島の福山市では『福山知っとる検定』が九回目を実施された。
  合格者には魅力的な特典付いている。

2、『古民家でミステリー図書館』をしたいと考今年えております。
ミステリー専門の図書館で勿論無料で、借りる期間を長くとる。
でもこれは色々な検討事項があるので難しいと思われる。

3、海南の中心地には3箇所の『銭湯』現存します。
これらを舞台に何かできないかと思います。

4、どこかの空き地を『芝生化』して、市民の憩いの場にする。
  これは以前、佐賀県の取り組みを見ていいなと思っていたものです。
図書館とも関わる部分もあります。
  http://www1.saga-s.co.jp/news/saga.0.1923655.article.html

5、フォトコンテストのようなもの~「ディープな海南」をテーマに写真を募集し、
  写真展を開催する。
写真が撮られた場所は教えずに、クイズとして回答してもらう。
  その写真をもとに、『ディープな海南map』をつくるなど。
  たとえば、船尾市場や銭湯など、若い人にはあまり知られていないと思うので、
  新しい発見があって面白いかなと思うのですが。

6、黒江から藤白・熊野街道まで語り部さんの説明をお聞きしながら歩く。
  一回につき20名位の参加で行う。
  *補足といたしまして『歩っとウォーク』等行われておりますが、
    またこれは別の切り口です。

7、ミステリー作家のサイン会~全市的な展開にはなりませんが、
  考え方ひとつで面白いものが出きる。

8、空き家が増えている古民家は、違う角度で見るとお宝です。
  手を拱いていれば老朽化が進み、お荷物になる。
古民家を利用したイベントが出来ないかと考えている。
 
少し前『黒江検定』の事で市役所が補助を出している『町イベ』で出来ないかと、
お話を聞いていただきにいきました(ダメでした)。
その時に思ったことは、結構縛りが多いので、
応募をしてもOKをしてもらえるイベントが少ないだろうな、
と云う印象がありました。
『町イベ』に対する行政側の運営の縛りはあると思いますが、
もっと柔軟に対応をしないと、
画一化された『コンサート』ものばかりになってしまうのではないかと感じました。


海南市には結構イベントがあり、
各種団体が毎年開催をされております。
これ以上のイベント開催は無理かなとは思いますが、
どうでございましょうか?





            文責:syun


  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 13:13Comments(0)イベントサポーター