2016年06月12日

「福ミス⑩」

何年ぶりかの鞆の浦。
Y姉さんと来るのは8年ぶり。

御大と旅行で来た時は架橋問題での最中でした。

町を横断する橋が架からなくて良かったと思います。
この件は町を二分して争われた。
細い道の交通量を緩和させるために持ち上がったようですが、
景観保全が勝った。
観光に来たものが余計なことは書かないでおきます。


とても素晴らしい鞆。
今回は時間がないので『茶房セレーノ』には行けません。

まずバスを降りて飛び込んで来るのは鞆港。
そこを道沿いに行くと『流星ワゴン』の忠さんの「丸忠総業」。
ロケの看板がそのまま残っていた。
永田の表札もそのままでw。




有名な雁木。
これは最近の雁木だと思います(石の階段)。




ぼくの好きな石畳。
この石畳は大好き。







続く
  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 00:22Comments(0)ぶらり良い町(県外)推理小説たてもの・まちなみ

2016年06月09日

「福ミス⑨」

昨夜は逗留宿に帰ったのが24時前後。
グダグダに酔ったのはゆきるさんのフォロワーさん以外の4人。
フォロワーさんは一滴も飲んでいない(フォロワーさんをフォロー)

福山駅で別れて今夜の逗留宿、
とーぶホテルに駆け込む。
風呂に入るのと眠るだけだった、この日の旅籠。



頭の中に少し星が飛んでいる(肝炎が完治したが、用心で飲酒を控えめにしたが・・・)
入浴してベッドに入りましたが、寝つきが悪い。

深酒をすると10年ほど前から星が飛んで寝られない。
でも、朝から鞆の浦に行くので寝ないと・・・

福ミスが始まった頃の授賞式は1日で終わった。
だから2日目はゆっくり好きな所に行けた。
と云っても行くのは鞆の浦と尾道ですが、
結構ゆっくりと楽しめました。

何回目か詳しくは忘れましたが、
授賞式が『福山・バラ祭り』に開催となってから、
福ミスも2日間行事となった。

『福山・バラ祭り』の日に移行して、
はじめての参加ですが、
行きたい所に行事の合間を縫って行くのは難しい。

今回、鞆の浦行きを決めたものの、
バラ祭りの福ミスブースに13:30に帰ってこないと、
福ミス作家のサインをしてもらえない。

そんな諸々で、尾道は諦めて鞆の浦一本に決めました。
福山駅から鞆港までバスで約40数分。
結構遠い。

鞆の浦の町並みは素晴らしいです。
ここは観光客にとって、全てにおいて横綱です。
ここに比べれば黒江は素人の序の口ですね。
いつもそう思います。
この様な、観光客で溢れた黒江を創りたいと改めて思いました。

この日のバスは猫バスでは無かった。
写真はぼくが『猫バス』よ呼んでいるバス。



鞆の浦行きはY姉さんとアベックで行きました。
二人とも今回で福山に来るのが最後になるかも知れないので、
鞆に行こうと昨日決定をしておりました。
鞆に着いた。



久しぶりの『常夜燈(とうろどう=燈籠塔)』。
いつ見ても凄いです。





『バラ祭り』の2日目ですが、
鞆もえげつない人また人でした。

鞆の浦その弐に続く

文責:syun

  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 00:02Comments(0)イベントぶらり良い町(県外)推理小説たてもの・まちなみ

2016年06月06日

「福ミス⑧」

中華料理店での島田御大マニア・御手洗マニアの5人は喧々囂々。
狂乱の喋りつづけ状態でした。
皆さん(ぼくもですが)鬱憤がたまっているのですねw。

全部覚えてはいません。
と云うより、一部しか記憶にない。
今井ゆきるさんのツイッターにて『福ミスナイト』の題名で何回かUPされている。
参照願います。
ツイッターはこちら→https://twitter.com/yukiru26
『チッパーみたらいくん』の新作も見られる。

横道にそれますが、
絡みたい人がツイッターをされています。

ツイッターにするかフェイスブックにするか悩んだ挙句、
フェイスブックにしたのですが、登録をしたまで何もしていない。
この際フェイスブックを止めてツイッターにしようかと思案中。

レオナを好きな女性ファンの出会ったことは無いのだが、
ゆきるさんだけがレオナを好きだと云ってくれた。
ありがたやーーーという感じでした。
前にレオナが御手洗の子供を産むと云う妄想をブログで書きました。
松崎レオナ①(企み)
この話をさせていただきました。
が、好評を得ることができませんでした。

レオナが突然10歳くらいの女の子を連れてきて御手洗に、
『御手洗さん、あなたの娘の香よ』
御手洗 香www。

さて、福山駅に帰らなければなりません。
が名残惜しいので、駅の近くでもう一軒行こうとなりました。

良い感じの居酒屋さんなんでしょうか(居酒屋さんより高級感があります)
ここへ来ると、もう名前も覚えられません。
ビールも飲めませんので、なんか飲んでました。





2軒目で終列車が来るまで粘り、
名残惜しい福山の夜の宴は終わった。

ここに来なければ体感できない、
無茶苦茶楽しいひと時でした。
殆どの方がグダグダになりました。

次は翌日の『鞆の浦散歩』につづく

御手洗さん好き好き画像
今井ゆきるさんのツイッターからパクりました。
ごめんなさい(m(__)m)
『チッパーみたらいくん』も宜しくお願いします。

美女に抱きしめられる、みたらいくんwww。




        文責:syun

  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 22:29Comments(0)イベントぶらり良い町(県外)推理小説