2016年01月20日

「ファントム」

昨年の7月にBSプレミアムで『オペラ座の怪人』(2004年公開)を観ました。
そうです、わたしの大嫌いなミュージカル映画です。



この前に『レ・ミゼレブル』のミュージカル映画を観ましたが、
全然入り込めないまま観終わりました。

最後に『オペラ座の怪人』を観て、
ミュージカルを観るのを止めようと思っていました。
そう思ったところにこの映画。
待っていたように有りましたので観ました。

『オペラ座の怪人』と云えば例の曲です。
この歌は秀逸ですね。これは文句無く好きですが、
歌以外は今回もまったく楽しめなかった。



これで、もうミュージカルは観ません。
音楽はクラシック、ポップス、演歌など全てが好きですが、
ミュージカル映画はダメです。
*ただし、ジャズ、ハードロックは分かりません。

内容はファントムとクリスティーヌと婚約者の恋のさや当て。
オペラ座の怪しげな雰囲気が映像に生える。
これで、歌のない演技だけの『オペラ座の怪人』をお願いしたいです。

『怪人』と云えば、
わたしの大好きな島田荘司氏の推理小説『摩天楼の怪人』が思い浮かびます。
氏の『アトポス』以降に書かれた御手洗シリーズの傑作です。

『ファントム』の下りは『オペラ座の怪人』とよく似ています。
コロンビア大学・助教授の若き御手洗潔だ出ずっぱりの奴です。

でも・・・『摩天楼の怪人』の御手洗潔は、
『占星術』で出現したぼくの好きな御手洗潔ではない。


この曲は素晴らしい、重厚でありメロディーに引き込まれる。
でも、やはり『ミュージカル』はアカンわ。

注意:御手洗潔をご存じない方は検索でもしてください。


     文責:syun
  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 16:32Comments(0)推理小説音楽映像

2015年12月21日

「黒江の響き・顛末」

昨日クリスマスコンサート「黒江の響き」が終了いたしました。
わたくしは9:00より「くろめ桶スタンプラリー」のスタンプ等の設置を、
竹田茉耶さんの協力を得て実施。

    黒江煉瓦堂へ。
    開演前のステージ。



    スタンプラリーの景品準備。
    豪華景品群www。



最初のラリー完走者は、物産観光センター(かいぶつくん)勤務の女性。
       11:05でした。
       一枚パチリ。


 
  黒江界隈を知らない方は結構時間がかかったようです。
  ご存知の方は30分以内で完走。

  大阪から来られた方(子供二人を含むの五人連れ)もいて、
  『良い時に来てよかった』と喜んでいただきました。

  当日はゲリラライブも行っていました。
  わたしどもの受け付け前で『白鳥の湖』と童謡を演奏をしてくれま  した。
  スタッフは公演には入れないので、とても素敵なひと時でした。

  ロビンさんと岡本万貴さん(フルート)
  ロビンさんはとてもフレンドリーな方でした。



        結構疲れました。


         文責:syun







  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 16:41Comments(0)軒下蚤の市音楽

2015年12月19日

いよいよ明日です!クラシックコンサート「黒江の響き」

開催が明日に迫りました、クラシックコンサート「黒江の響き」です。

      本日は13:00より設営が行われました。
コンサートは20(日)  17:00開場  17:30開演となっております。
    前売り券は一週間くらいで完売。
    明日は当日券が20枚程度売りに出ます。
    黒江煉瓦堂で購入できます。
    一枚 2000円となっております。

      当日は色んな催しが行われます。
        来て!観て!ください!

 くろめ桶スタンプラリーは9か所のスタンプポイントでスタンプを押印。
それを煉瓦堂に持ってきていただけると豪華賞品が選べます。
   昨年は寒い中、たくさんのちびっ子や女性が参加してくれました。

 スタンプの台紙は「うるわし館」「ぬりもの館」「煉瓦堂」に置いてありますので、
        そこでもらってください。
      当方も担当の一人なので、力が入っておりますwww。
      奮ってご参加ください。


    フードコーナーも煉瓦堂でしております。

 蒔絵体験・軒下蚤の市・落語会は「ぬりもの館」「うるわし館」で
         開催しております。
  軒下蚤の市は「ぬりもの館」界隈でやっております。
     是非、お越しください。





      文責:syun  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 18:17Comments(0)軒下蚤の市音楽