2012年08月22日

黒江の屋根の鬼瓦-2

鬼瓦の上に突き出して「鳥衾(とりぶすま)」という瓦を取り付けているのをよく見かけます。
「衾」とは夜具のことですから、とまって羽を休める場ということでしょうか。




それとは逆に鳥を寄せ付けないようなものを付けた鬼瓦が、黒江にあります。
この棘のようなものは「拒鵲(きょじゃく)」というらしいです。
他に海南市と旧桃山町で3例だけ知ってますが、その海南市東部にあった民家は道路用地買収のため取り壊され、今はもうありません。
これはちょっと珍しいものかもしれません。






  

Posted by 黒江の町並み景観づくり at 20:11Comments(0)景観