2012年09月30日

紀州の丸桟瓦

イベントなど次々と予定があり賑やかになりそうですが、地道に町並みの細かいことなどを書き綴っていきます。

何気なく見過ごす屋根の瓦ですが、黒江では紀州の特徴的な「丸桟瓦」をあちこちで見ることが出来ます。


一般的な桟瓦はこんな

側面の重なりのところの形状が違うのがわかると思います。
江戸時代には紀伊徳川家に関わりのある建物によく使われていたと聞きました。
この丸桟瓦は作るのも葺くのも手間がかかるようです。
とは言え産地の有田や和歌山市の安原あたりでは農業用の物置などにも葺かれてたりしますけど・・・icon11

   (有田川町の国道沿い)
製造は近年までされていたようですが、安い瓦に負けて今はもう作られていません。
この瓦で葺かれた屋根を維持していくなら、既存のものを保存しておかなければいけません。

近畿では他所で見かけた記憶がないのですが、播磨地方では使われているようです。

   (三木にて)

細かいことですけど、黒江に来られた際はちょっと気を付けて屋根を見てください m(_"_)m  

Posted by 黒江の町並み景観づくり at 10:35Comments(2)景観

2012年09月28日

「黒江の七不思議と黒江検定」

先日、「茶房セレーノIN鞆の浦」の記事の時の「しげやんさん」からの書き込みで
「黒江町並み景観づくり」でも「黒江の七不思議」位をテーマ
にして住人や観光客から作品募集されては如何ですか!
わたしも思いつくまま1つ、2つ・・・
・黒江の町のメインストリート川端通りには川がないのに
 「川端通り」とはこれ如何に・・・
・名水「黒牛の水」でつくった銘酒「黒牛」の醸造元は
 「名手源」とはこれ如何に・・・


と云う書き込みをいただきました。
これは大変面白く読ませていただきました。
とともに、なんとかできないものかと考えております。

また「黒江検定」なるものも面白いかなと再考しております。
そうなると長老に黒江の知識をイロハからお聞きしないといけない。


せんなん事が多すぎて悩みますが、
前向きに検討の必要があると考えます。


うるわし館前「くろめ桶」
  

Posted by 黒江の町並み景観づくり at 00:01Comments(2)イベント

2012年09月25日

DOTさんで熱唱♪



黒江のDOTさんにてik_06
店内いっぱいのお客様を前に
宮本静さんが熱唱~♪
「黒江からころ為の女」を披露ik_06

景観のサポーターさんも応援に
駆けつけましたik_20

29日は「黒牛茶屋」さん11時~です。
知名度はぐんぐんicon14icon14

  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 19:28Comments(1)サポーター