2014年08月24日

山の神を敬い祈願

拡幅工事のため来年の7月まで通行止め城山トンネル。
その現場は今こんな感じです。(黒江側)





入口の上に木が置かれてあります。



これは“化粧木”というもので、山の神さまに対する信仰心と安全祈願を表すために祀ってあるそうです。

ところで、トンネルってどちらが入り口でどちらが出口なんでしょうか?

ちょっと検索してみると道路には起点と終点があって、起点側が入口とのことです。

ここの場合は県道135号線で、起点が和歌山市坊主丁(ってどこface02?)、終点が海南市藤白らしい。
ということは黒江側が入り口で日方側が出口、ということですか。

まぁ通る者にとってはそんなことはどちらでもいいことで、自分が入って行くほうが入り口で出て行く方が出口ですけど。

では途中で引き返した場合は・・・? もっとどうでもいいことですね (;^_^A
  

Posted by 黒江の町並み景観づくり at 10:38Comments(0)景観