2014年08月27日

ラビリンス

招魂山を下りて船尾の山側の方を歩いてみました。
『黒江湾埋め立て経緯図』という地図がありまして、そこで番号が付されていない地域です。
その図には文禄年間(1590年代)からの埋め立てが記されてますから、それ以前からあった土地でしょうか?

ik_55思ったよりラビリンスな街でしたicon10





船尾市場へ出てきました。


アジアな市場。ですね (^^)







  

Posted by 黒江の町並み景観づくり at 06:43Comments(0)景観

2014年08月26日

招魂山

津波の時の避難所にもなっている招魂山に上がってみました。
ここから黒江~船尾の町が見渡せます。

〈南東方向〉

画像の左の方に熊野街道が通ってます。工事中のトンネルが見えてます。
右にモルタルを吹き付けた斜面が見えますが、その向こう側あたりが先日崩落した崖です。

〈南〉

向こうの山裾に海南ICと藤白神社があり、熊野古道はその辺りから西の方へ斜めに藤白峠に向かって上がって行きます。

〈南西方向〉

船尾地区 西に行くと琴の浦の温山荘、マリーナシティがあります。

上にあがると広場があり、遊具と碑がいくつか建てられてあります。

「ちびっこ広場」にもなってるようですが、ちょっと草が・・・face07

〈日疋文七翁碑〉



ここにいると蚊に栄養を補給することになりそうなので、下に降りて船尾の山裾方面をちょっとだけ歩いてみることにしました。

ハイキングコース、日疋文七さんについてはまたそのうちに (^^)ゞ
  

Posted by 黒江の町並み景観づくり at 06:31Comments(0)景観

2014年08月24日

山の神を敬い祈願

拡幅工事のため来年の7月まで通行止め城山トンネル。
その現場は今こんな感じです。(黒江側)





入口の上に木が置かれてあります。



これは“化粧木”というもので、山の神さまに対する信仰心と安全祈願を表すために祀ってあるそうです。

ところで、トンネルってどちらが入り口でどちらが出口なんでしょうか?

ちょっと検索してみると道路には起点と終点があって、起点側が入口とのことです。

ここの場合は県道135号線で、起点が和歌山市坊主丁(ってどこface02?)、終点が海南市藤白らしい。
ということは黒江側が入り口で日方側が出口、ということですか。

まぁ通る者にとってはそんなことはどちらでもいいことで、自分が入って行くほうが入り口で出て行く方が出口ですけど。

では途中で引き返した場合は・・・? もっとどうでもいいことですね (;^_^A
  

Posted by 黒江の町並み景観づくり at 10:38Comments(0)景観