2015年01月13日

「庭の野鳥たち(冬)」

わたしの家の庭に毎年野鳥が来ます。
主に冬場ですが、台所の窓からそれを観察。
もうかれこれ20年くらいになると思います。
庭には「ハナミズキ」の大きな木が2本と「しだれ梅」、
それに「山茶花」

主にハナミズキの赤い実を啄ばみに来ます。
12月の中旬にはもう実は食べられてしまいなくなる。

そこで「みかん」の出番が来ます。二つに輪切りにして枝に刺す。
ミカンはご近所の方からも『鳥にあげて』といただきます。



これには沢山の野鳥が来ます。
メジロ、ウグイス、ヒヨドリ、イソヒヨドリ、ジョウビタキ、
調べてわかっているのは以上です。

来てほしいのはメジロ、ウグイスで、
来てほしくないのはヒヨドリ、イソヒヨドリですね。

観ていると癒されます。


            文責:syun



  
タグ :景観づくり


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 00:20Comments(0)自然できごと