2016年05月10日

「福山市に行きます」

     5月14日(土)15日(日)で福山市に行きます。
これは大好きで敬愛してやまない、
ミステリー界のGod島田荘司さんの主催するミステリー新人賞の授賞式への参加です。
この新人賞は氏の生誕の地である福山市と講談社、光文社、原書房が後援をしております。

応募された本格ミステリーを一般人(ミステリーマニア)が最初に審査をします。
わたしは開始時に応募をいたしまして、6回まで選考委員をさせていただきました。
とても楽しく貴重な体験をさせていただきました。
その醍醐味は、まだ未発表で殆ど読まれていない作品が読めることにあります。
6回の間にわたしが読んだ中から受賞作は出ませんでしたが、
ベスト4まで残った作品に当たったことがあります。
素晴らしい出来で、わたしの読んだ中でダントツでしたので、
最高点で二次審査に送りました。


ホテルの予約は4月中に済ませ、
列車のチケットは7日にとりました。

ファンサイトで知り合い、
島田荘司先生のオフ会で語り合い仲良くなりました方二人と現地で合流してワイワイやります。

二日間の予定は以下の通りです。
◆出版記念の集い
○とき     2016年5月14日(土)16時~18時
○ところ     福山市立大学カフェテリア(福山市港町二丁目19番1号)
○内容      選者,受賞者のインタビュー等
○出席者     選者・島田荘司さん,受賞者・原進一さん,優秀作者・松本英哉さん,
        関係出版社,一般参加者(応募抽選)等

◆表彰式(観覧自由)
○とき     2016年5月15日(日)15時頃~(予定)
○ところ     福山ばら祭ステージ(緑町公園会場内)
○内容     受賞者表彰等
○ステージ登壇者   選者・島田荘司さん,受賞者・原進一さん,福山市長
    福ミスHPより

この日程に全部出ると行きたい所に行けないのです。
行きたい所は鞆の浦と尾道。

尾道は諦めるしかないようです。

茶房セレーノより鞆港を望む(第一回の授賞式後に島田ファンとともに乾杯)




黒江の町並みのようですが、桁が違います。



        文責:syun

  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 23:28Comments(0)景観ぶらり良い町(県外)推理小説読書