2016年05月31日

「福ミス④」

いよいよ『出版記念の集い』が始まります。
場所は福山市立大学。



受付で立食のNOカードとネームプレート、資料をいただく。
指定の場所にY姉さんと陣取る。
ここは一次選考委員の現役と過去の委員の席だ。

『出版記念の集い』宴の始まり。
羽田市長の挨拶、受賞者の挨拶などが続き、御大島田先生。

『『星籠の海』がヒットしないと次がない。
ヒットすれば次もその次も映像化ができる。
SNSの力で宣伝をして欲しい』とのコメント。
御手洗潔の映像をずっと観ていたいので、
微力ですがこれを使って宣伝をいたします。

フリータイムに入るとY姉さんと一番にサインをいただきに御大のもとに。
Y姉さんは御大に思い切りハグをしておりましたwww。

今回の受賞者・原進一さんと島田先生



島田先生=御手洗潔・わたし=石岡君(のつもりの妄想)
UPに耐えられませんので横からでしかも白黒に編集w。
後ろの女性は広島テレビの糸永直美アナウンサー。
もうお会いするのは4度目なので顔見知りです。



で、、、、、まだまだ続きます。
宴会までもう少しです。


文責:syun



  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 00:06Comments(0)興味のあるものイベントぶらり良い町(県外)推理小説

2016年05月30日

「福ミス③」

14:30~より御大・島田荘司と知念実希人さんの対談がありました。
福山の友人が整理券をとっていてくれましたので、無事対談が聞けました。
でも御大のしゃべる時間が80%。知念さん20%位でしたかねw。

前にも書きましたが、
知念実希人さんは『福ミス』作家の中で一番の売れっ子です。
ぼくも『優しい死神の飼い方』が出版される時に下読み原稿が送られてきて読みました。
この作品はファンタジーミステリーでした。
探偵小説が好きなので、この作品は好みのジャヤンルでは無かった。
でも、ヒロインと死神のコンビはホンワカしていて良いコンビでした。
(この様なコンビをどこかで見た(読んだ)憶えがある。

知念さんは福ミスの受賞以後、精力的にミステリーを執筆している。
書いていると云う事は需要があるのだ。
供給をしないと忘れられる。


さて、内容は余り覚えていないのです。
御大
 ・『人間は125歳までは生きることが可能らしいから、124歳までは福ミスを続ける』
 ・福ミスの作品応募が100を超えた。
  地方の作品として『鮎川賞』と同じくらいの応募となった。
 ・非常識でなければ成立しないトリック。
 ・皆さんがご存知の、田村正和さんで御手洗映像化の話が有った。
 ・TVの『相棒』の評価が大きい。これは良いドラマだ。良質で感動できる。
 ・御手洗ドラマの下地ができたと思った。
 ・将来的に広瀬アリスさんに編集者で出演をお願いするかも。
 ・選評は学者の論文のつもりで書いている。
 ・大事なものは。
  ①新しいものが書かれているかどうか。
  ②文章力が大事。


知念さん
 ・映画を見て鞆に行きたくなった。
 ・知念さんからの御大への『長い間、第一線で小説を書き続ける秘訣は?』という質問に、『一  作書き上げたら、その作品のことは完全に頭から消して、次の作品に全力を尽くすこと』との  答え。
 ・島田先生に背中を押していただいたので、今の自分がある。

会場では写真撮影が禁止。
『対談会』のチラシを貼っておきます。


次回はいよいよ『出版記念の集い』です。
すみません。
つづくんです。

文責:syun

  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 12:32Comments(0)興味のあるものイベントぶらり良い町(県外)推理小説

2016年05月29日

「福ミス②」

更新が遅くてすみません。
もう一つのブログでやっと1日目が終了いたしました。
次回は鞆の浦となっています。

福山駅はお城の中にあります。
最初訪れた時はびっくりしました。
良く許可が出たものです。
政治力だったりしてwww。



ぐだぐだ書きます。
14日の8時前のくろしおで新大阪まで出る。
最終的に決めたのは、そこから岡山までは在来線で行こうととの結論。
昔の鈍行列車気分が出るかなと考えておりましたが、アホでした。
そんな世界が今の世にあるわけはない。

でも、時間に余裕があったので面白かったです。
最終的には岡山から福山まで新幹線を使い13:00過ぎに到着。
Y姉さんから何時につくのかと催促のメールは入る。

ぼくは到着はすれどホテルを間違い(調べて行ったのに勘違いで)せっかくの時間をロス。
待ち合わせに相棒に迷惑をかける。
最近はこんなことが日常茶飯事で嫌になりますなァ。

福山在住の長ーーーい友人と3人で、いざ会場の福山大学まで。

途中、昨日掲載をした小冊子を受け取りに書店に寄り道。
映画のパンフもいただく。





皆さん玉木宏さんが演じる御手洗潔の映画、
『星籠(せいろ)の海』は6月4日公開です。

観てください。
         
       文責:syun


  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 17:06Comments(0)興味のあるものイベントぶらり良い町(県外)推理小説