2016年06月01日

「福ミス⑤」

御大とのもう一枚モノクローム写真を・・・
前回書きましたが、
後ろの女性は広島テレビ放送の糸永 直美はさん。
一回目の福ミスから結構絡んでいます。
御大のイベントには必ず糸永さんが付いてきますw。



定番となった巨大ケーキ。



福ミス作家勢ぞろい。



さて、最初に書いたびっくりポンな出来事は。
『チッパーみたらいくん』の作者、漫画家の今井ゆきるさんが来られていました。
ぼくたち三人組は御大・島田先生に紹介をしていただく。
そして、サインをねだる。
ゆきるさんは先生の著作に申し訳ないと恐縮しつつ、
御手洗さんを書いてくれた。

それも新作の『屋上の道化たち』の奥付のところにである。
ありがたいことでした。





PS。
でも日付けが2016 0516となっています。0514の間違がわれたのでしょう。

『チッパーみたらいくん』はコミックアンソロジーとして1998年に出版。
ぼくも持っております。



レオナ


『水晶のピラミッド』の最後の場面のパロディ。



『水ピラ』の名場面のパロディ。



4コマ漫画は難しいと思います。
起承転結を4コマで書かなくてはダメなので、
その分ストーリー漫画より難しいと思います。

まして小説を題材にして描くのですから、
小説を理解しないと書けません。
その小説のファンでないと書けないかもしれません。

『チッパーみたらいくん』を今回改めて読み返しましたが、
とても面白く書けていると思います。

あの当時の御手洗さんと石岡君のBLをデフォルメしたりして。

『記念の集い』は次回最終回で夜の宴会の部が始まります。

以上は御手洗潔の本格ミステリーを読んでいないと理解できない。
ぼくのような御手洗ヲタでないと分からない。

     文責:syun










  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 00:11Comments(0)興味のあるものイベントぶらり良い町(県外)推理小説