2016年06月12日

「福ミス⑩」

何年ぶりかの鞆の浦。
Y姉さんと来るのは8年ぶり。

御大と旅行で来た時は架橋問題での最中でした。

町を横断する橋が架からなくて良かったと思います。
この件は町を二分して争われた。
細い道の交通量を緩和させるために持ち上がったようですが、
景観保全が勝った。
観光に来たものが余計なことは書かないでおきます。


とても素晴らしい鞆。
今回は時間がないので『茶房セレーノ』には行けません。

まずバスを降りて飛び込んで来るのは鞆港。
そこを道沿いに行くと『流星ワゴン』の忠さんの「丸忠総業」。
ロケの看板がそのまま残っていた。
永田の表札もそのままでw。




有名な雁木。
これは最近の雁木だと思います(石の階段)。




ぼくの好きな石畳。
この石畳は大好き。







続く
  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 00:22Comments(0)景観ぶらり良い町(県外)推理小説たてもの・まちなみ