2014年08月30日

蒼石畳

今年、ショックを受けた出来事のうちの一つ。
塩津に残されていた蒼石畳がコンクリートに姿を変えられていたのを見てしまいました・・・face07
高齢化著しい集落ではガタガタの石畳ではシルバーカーを押して歩くにも危ないでしょう。
しかし・・・本当にそれでいいのか?他に選択肢はなかったのかな?
蒔絵を施した年代物の漆器に安もんのペンキを塗るような所業だと思うのですが・・・icon11

一方こちらは船尾のとある路地。

こんな蒼石の石畳が残ってるところがありました。face05
奥は空き地のようで、おそらく私道?

同じく蒼石の石積みと塀




ところで塩津ですが、石積みはまだまだ見ごたえあります。
ぜひ訪れてみてください。


*会員様にお知らせ


同じカテゴリー(景観)の記事画像
黒江の町並みを活かした景観づくり協定(黒江JAPAN)結成6周年
本日、共同通信社の取材
黒江調査報告会by和歌山大学観光学部
サポーター様へのお願い~石橋医院の古民家清掃
古民家は観光資源だ!手当てをしないと無くなります
和工建築科 黒江へ
同じカテゴリー(景観)の記事
 黒江の町並みを活かした景観づくり協定(黒江JAPAN)結成6周年 (2017-12-28 19:23)
 本日、共同通信社の取材 (2017-11-01 13:25)
 黒江調査報告会by和歌山大学観光学部 (2017-10-27 22:41)
 サポーター様へのお願い~石橋医院の古民家清掃 (2017-09-28 23:29)
 古民家は観光資源だ!手当てをしないと無くなります (2017-09-26 13:14)
 和工建築科 黒江へ (2017-05-23 14:10)

Posted by 黒江の町並み景観づくり at 22:38│Comments(0)景観
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。