2013年06月22日

「黒江ことば大番付」

以前「黒江ぬりもの館」さんで「黒江ことば大番付」
なる番付表をいただきました。


東の横綱  てんご →  いたづら
西の横綱  おもた →  思った
東の大関  てっとて→  手伝って
西の大関  にんにこ→ おにぎり
東の関脇  そうどっと→ 静かに
西の関脇  でんぐりかやしてる→ひっくりかえしてる
東の小結  いんだ →  帰った
西の小結  のし   →  ですね
東の前頭  なんなら → そうならば
西の前頭  ここらわり→ 気持ち悪い

書いたのは、まだつこてます。
この中では「のし」はもう使わないですね。
これは非常に上品な言葉だと祖母に教わりました。
有吉佐和子著の「紀の川」が有名だと思います。

まだいっぱいあるで。
和歌山県人は「ざじずぜぞ」と「だぢづでど」を間違えて、
云ってしまうのです(今の若い方はほとんどないと思います)

たとえばわたしの父の名前は「ひろぞう」ですが、
昔の人は「ひろどう」と胸を張って云うし、
書くのです。
これには昔、笑わせてもらいました。

秘密のケンミンショーは方言の宝庫ですが、
お国訛りはどこでも美しいと感じます。
でも、文字に為難いですね。

PS
わたしの個人ブログで「黒江ことば大番付」を書いたところ、
黒江生まれの京都在住の方から、この「黒江ことば大番付」
が欲しいと書き込みがあり、「ぬりもの館」さんでいただい
た旨を返事いたしました。無事にいただけたのかどうか?
お国訛り大好き。ik_72


*会員様にお知らせ


同じカテゴリー(古いもの)の記事画像
和工建築科 黒江へ
「古井戸 黒江・船尾散歩」
「郵便ポスト  黒江・船尾散歩」
「船尾市場の宅配事業」
「町かどの蒼石」
「La festa Primavera 2015終了しました」
同じカテゴリー(古いもの)の記事
 和工建築科 黒江へ (2017-05-23 14:10)
 「古井戸 黒江・船尾散歩」 (2015-12-26 19:02)
 「郵便ポスト  黒江・船尾散歩」 (2015-12-22 19:00)
 「船尾市場の宅配事業」 (2015-07-29 19:23)
 「町かどの蒼石」 (2015-05-09 20:53)
 「La festa Primavera 2015終了しました」 (2015-04-19 12:30)

Posted by 黒江の町並み景観づくり at 00:57│Comments(2)古いもの
この記事へのコメント
この「黒江ことば大番付」は、いまはなき、船尾市場西の「伊織化粧品店」
の伊織正治さんが、卒寿を記念して自らを卒寿翁と名乗り、発行された
もので、昨年わたしも、一枚貰い受け、2012.9.26「黒江ことば大番付」
としてアップしました。

世間では紀州言葉は敬語が少ない、汚い言葉と云われますが、中には
「おんしゃ=御者」、言葉の末尾に「のし」をつける丁寧な表現もあり、
古くから栄えた土地柄だけに、調べれば「古語」も沢山残っていると思い
ます。
Posted by しげやん0710 at 2013年06月23日 20:10
しげやんさま、いつもありがとうございます。
お返事が遅くなり申し訳ございません。

方言、お国訛りはどこの言葉でも好きですね。
でも、だんだん使わなくなっていくのでしょうね。
淋しいですが、
時代の波には逆らえないのかも・・・
Posted by 黒江の町並み景観づくり黒江の町並み景観づくり at 2013年06月28日 00:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。