2017年12月28日

黒江の町並みを活かした景観づくり協定(黒江JAPAN)結成6周年

今月で黒江の町並みを活かした景観づくり協定(黒江JAPAN)の結成6周年となります。
そして「わかやま景観づくり協定」第一号をいただいてから6年が経過いたしました。
6年前の12月27日。県庁で仁坂知事の前で挨拶をさせた頂き認定書を頂戴いたしました。





IKORAブログに書いた当時の記事です。

2011,12,27県庁の知事室において「黒江の町並みを活かした景観づくり協定」が、
和歌山県の「わかやま景観づくり協定」第一号として認定されました。

当日に挨拶があると云われ、最初は「原稿を読んだらええんやろ」と気にしてなかったのが、
「原稿無しでお願いします」と云われ、眩暈、吐気が・・・
でも無事に咬みもせず終了。
安堵いたしました次第でござります。

写真は「認定書」認定番号第一号が光っております。
名前ですか?もろに写っていますが、
わたくしもうTV和歌山にも出ましたので、
怖いものなしですわ(泣)

      

今若い方が黒江JAPANとして陸続と続いてきていただいております。


           文責:syun
  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 19:23Comments(0)景観

2017年11月01日

本日、共同通信社の取材

本日、共同通信社の取材が入ります。
旧石橋医院の古民家の取材です。

先日、持ち主と売買契約が無事に終了いたしました。
この物件は黒江にルーツを持つ「株式会社ひびき」の日疋好春氏が購入。
黒江JAPANが運営に当ることになりました。

先日からの清掃も運営の最初の取り組みでした。

共同通信社の取材は2014年に当団体が「空き家調査委員会」を設けて、
最初に使わせていただけないかと取り組んだのが旧石橋医院でした。
この時も取材をしていただきました。
3年かかりましたが、日疋好春氏の応援を得て先に進むことができます。

やっとここまで来たか。と云う思いです。

石橋医院跡の古民家をどの様にして使うのかは健闘中です。
これからも大変ですが黒江JAPAN全員で頑張ります。



                文責:syun

  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 13:25Comments(0)景観空家関連たてもの・まちなみ

2017年10月27日

黒江調査報告会by和歌山大学観光学部

            告知が遅くなってしまいました。
            黒江調査報告会の告知です。

明日28日(土)13:30~15:30 うるわし館(紀州漆器伝統産業会館)2階会議室にて、
和歌山大学観光学部の学生の方による黒江の町並み・紀州漆器産業等
ヒアリングを行った結果の調査報告をいたします。
多数のご参加をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

                 主催は黒江JAPAN となっております。




                   文責:syun  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 22:41Comments(0)景観うるし・漆器