2017年05月23日

和工建築科 黒江へ

5月中旬、県立和歌山工業高校の生徒さんが授業の一環として黒江へ。

 
 

目的は・・・参加する設計競技の課題である「空家」、「伝統美術・工芸」に合致した地域として黒江を選んだとのことです。

ガンバレ、若者!

健闘を祈ります \(•̀.̫•)-(•̀.̫•)-(•̀.̫•)/  

Posted by 黒江の町並み景観づくり at 14:10Comments(0)古いもの

2015年12月26日

「古井戸 黒江・船尾散歩」

使われなくなった井戸が沢山あります。
水が湧いているいるものから枯れているもの、
はたまた石が詰まっているものまで様々です。

ポンプの柄を持って上下に動かしましたが、
水は出ませんでした。

打ち捨てられた井戸はまだたくさんありました。
いま思えばもったいないことだと思います。

かく云うわたしも、増築するときに、
井戸が玄関の前にくるので、
泣く泣く埋めました。
今でも勿体なかったと思っております。

夏は冷たく、冬暖かく。
井戸は最高でした。
井戸替えを、1年に一度夏に行いました。
祖父が井戸端で魚を料理していました。
西瓜を浮かべて食べもしました。
小さい頃の忘れない思い出です。

まだ、現役で井戸を使用されている家もあるのでしょうね。

古民家と同様、古井戸も整備次第で待ちの売り物になると思うのですが・・・。ik_96











        文責:syun  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 19:02Comments(0)古いもの黒江・船尾散歩

2015年12月22日

「郵便ポスト  黒江・船尾散歩」

  体力不足と減量のためにウオーキング(散歩)を始めました。
  主に黒江・船尾界隈を歩いております。

  その中で見つけたものをUPしていきます。
  本日は赤い「郵便ポスト」です。
  もう余り見かけなくなりました。
  これは現役の昔のポストです。


過日の「黒江の響き」の時に日本郵便の方が来られていたので、
このポストについてお話を伺いました。
海南市で現存するのは下津とこの場所しかないと云われていました。

これは結構人気があるそうで、
『復刻してよー』と云ったら、
確か口が狭いのでA4が入らないそうです。
味気ない一本足ではなく、
口を広げて復活してほしいですね。

さて、この懐かしい現役の郵便ポストは、
黒江の何処にあるでしょうか(もろバレですがwww。)


     文責:syun  


Posted by 黒江の町並み景観づくり at 19:00Comments(0)古いもの黒江・船尾散歩